CBDとは!?どんな効果があるのか。いま世界中で注目されている理由

CBD

世界中で研究が進み、我々人間や哺乳類、動物などに医療効果があると注目されているCBDですが、そもそもCBDとは何なのか?

どういった効果があって、副作用などの害なないのか?日本でも合法で使えるのかと言った疑問にお答えします。

CBDは大麻の有効成分の一つですが、日本では大麻と言えば"薬物的"な悪いイメージを持たれている方も多いことでしょう。

実は、悪い面だけではなくて医療の現場や繊維など様々な場所で利用されている万能な植物なのです。

特に医療やメンタルヘルス、ヘルスケアとしてCBDは今後とても重要な存在となることは間違いないでしょう。

大麻、CBDに対する正しい知識を身につけて安全に利用されより良い社会になっていくことを願っています。

結論、CBDは日本でも古くから治療に役立てられてきた医療効果が期待できる植物です。研究の結果、副作用もほとんど無いとされている安全性の高いものであるというデータも出ております。

CBDとは?

CBDとは大麻(マリファナ)に含まれる主要成分の1つで、「カンナビジオール」の略称のことです。
 
大麻(マリファナ)の中には数100種類のカンナビノイドと言われる活性物質が含まれており、その中でも、今世界中で医療や健康、美容に効果があると注目されているのがCBDというという成分です。
 
しかし、日本では大麻(マリファナ)と言えば「ハイテンション」になる薬物と言うイメージが強いかと思います。それは数100種類の成分の中の1つでTHC(テトラヒドロカンビノール)と呼ばれる成分が人をハイな状態にするのです。
 
THC(テトラヒドロカンビノール)には「ハイ」「陶酔感」「多幸感」などを感じる精神活性作用があります。
このTHCは日本では「麻薬及び向精神薬取締法」により麻薬に指定されており違法です。
 
一方で、今世界中で注目を集めているCBDにはこのハイになる精神作用は含まれておらず、日本においても一部の規制はあるものの、使用や販売、購入が認められています。
 
"大麻取締法 第1条
「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。"
 

THCとCBDの違い

 THCもCBDも共に大麻草に含まれる成分の1つです。前述の通り、一般的に知られている「ハイになる」成分がTHCです。

THCとは

THCはテトラヒドロカンナビノールの略称です。

THCは多幸感や陶酔感を刺激する化学物質で、体内に取り入れることで「ハイな状態」となります。

そのため、嗜好用大麻においては欠かせないものとなっています。

THCにもCBDと同様に医療効果があり、海外では合法化されている国もある程です。

一方でCBDは「ハイになることがありません」。さらぬ薬理作用も多く、炎症を抑える効果や睡眠補助、不安を和らげる効果や神経系変性の保護など幅広く作用するされています。

また、精神作用や依存性もありません。このことは多くの研究によって証明されています。

アメリカやカナダ、ヨーロッパではCBDの市場が急拡大中

 多くの州で医療大麻が合法化になっていたり、一部の州では嗜好品としても認められているアメリカでは市場が急成長しています。

2014年から2020年にかけてCBDの売上高は約20倍にも成長すると言われています。
  
アメリカでのCBD製品の使われ方は様々で、
・睡眠改善の目的
・母親が子供のてんかん発作の予防
・慢性的な痛みの緩和
・日頃のストレスからの解放
・心配性のペットへの摂取
・朝の寝起きを良くする目的
 
など幅広い目的で使用されています。
 
   

日本でも日常的に使われている麻製品

日本では大麻取締法によって、大麻の栽培や所持が規制されていることは周知の事実でしょう。ただし、大麻の全てが規制されている訳ではなく、大麻の茎は洋服や神社のしめ縄の材料となっていたり、大麻の種子は朝の実としてヘンプオイルや七味唐辛子の材料として利用されています。

CBDにおいてもTHCを含まない、茎と種子から抽出されたものに限り利用が認められています。

最近ではネットショップでも簡単に手に入るようになりましたし、百貨店なんかでも取り扱われ始めています。

 

WHO(世界保健期間)でも認められたCBD 

CBDの効果や安全性はWHOの調査でも認められており、医療の現場や様々な病気や症状を緩和する可能性があるとして期待されています。

動物や人間の実験でCBDに依存作用が確認されないこと、またマウスの実験でCBDには耐性や離脱症状が見られないことなどを受けて、WHOは2017年11月に薬物依存に関して「CBDは乱用や害を及ぼさない」という見解を示しています。

また、2017年12月には「CBDを国際的に規制対象物質とすべきではない」ということをWHOが正式に発表しています。

CBDの主な効果

CBDは、抗炎症・抗酸化作用・神経保護などに効果があると言われています。
ストレスや鬱、イライラ、不眠、痛みなどの症状を緩和する作用や、美容やアンチエイジングにも効果が高いと言われいます。
 
不安を沈める効果もあり、夜寝る前に摂取することで質の高い睡眠が提供できるか可能性もあるとされています。
 
難病とされている「小児てんかん症(けいれんを何度も繰り返す病気)」がおさまったと言う結果も出ています。
よく眠れ、落ち着き、怪我を癒し、筋肉痛を和らげると言うと言うことから、多くのアスリートも支持しており利用者も増えています。
<期待される効果>
・ストレス
・鬱症状
・不眠解消
・痛みの緩和
・不安抑制
・けいれん予防
・美容
・筋肉痛
・嘔吐
・ガンに伴う痛み緩和
・パーキンソン病
・心臓病
・皮膚炎/湿疹
など

なぜCBDは効果があるのか

"体内には、地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能=ECS(エンド・カンナビノイド・システム)があります。

ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。

ECSは、1990年代に発見された“アナンダミド”と“2-AG”と呼ばれる内因性カンナビノイドとそれらと結合する神経細胞上に多いカンナビノイド受容体“CB1”、免疫細胞上に多いカンナビノイド受容体“CB2”などで構成され、全身に分布しています。

最近の研究では、ECSは、外部からの強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によって、ECSの働きが弱り、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」になると、様々疾患になることが明らかになってきました。"

 
このカンナビノイド欠乏症に効果があるのがCBDという訳です。
大麻には100種類以上の天然化学物質が含まれており、これらを「カンナビノイド」と呼びます。
 
カンナビノイドは我々人間の人体にももともと備わっている「ECS(エンドカンナビノイドシステム)」を活性化し人体に様々なメリットある作用をもたらすことがわかってきました。
エンドカンナビノイドシステムは肉体的・精神的なストレスを受けた時に体内のバランスを取り戻し、心身を健康な状態にた保つ役割があるのですが、外部からの強いストレスや加齢に伴う老化によってこのシステムが上手く働かない状態になっている人も多いと言われています。それを「カンナビノイド欠乏症」と言います。
 
「カンナビノイド欠乏症」は体内で十分な内因性カンナビノイドが生成できなくて、様々な疾患の原因になることが最近の研究で明らかになってきました。
 
例えば、
・偏頭痛
・うつ症状
・疲労
・発作
・過敏性腸症候群
・線維筋痛症
 
などのような症状が起こると考えられています。
この失ったカンナビノイドを外部から取り入れる必要があるのですが、それがCBDの役割というわけです。

CBDの使用方法

CBDを使用するには、舌に直接垂らしたり、料理に混ぜたり、吸引器具を使って吸い込む方法などがあります。
 
CBDは少し草っぽい青臭い香りがしますので少し苦手という方はカプセルタイプやグミなどの製品で摂取する方法もあります。
それ以外にも、化粧品やワックスタイプのもので直接肌に塗布するタイプのものもあります。
睡眠やリラックスが目的であればアロマオイルとしての使用もおすすめです。

経口摂取(オイル)

抽出されたCBDとココナッツオイルやオリーブオイルと混ぜたもの。

最も効果的な摂取方法と言われています。CBDオイルを舌の舌に数滴垂らして、口の中で90秒ほど含ませて飲み込みます。

吸引(ヴェポライザー)

電子タバコのような機械に、吸引用に作られたCBDを入れて蒸気として吸い込みます。

効果を実感するまでの時間が短く効果を実感しやすい摂取方法です。

様々なフレーバー(ブルーベリー、ミント、ストロベリー、カモミールなど)が出ており好みに合わせて楽しむことができます

飲料

毎朝のコーヒーや紅茶などお好きな飲み物にCBDオイルを数滴垂らして摂取します。舌に含ませて摂取する方法もありますが、そのままだと少し苦味があるため独特な香りが苦手という方は飲料に混ぜて摂取するのがオススメです。

食品

CBDを混ぜて作られたグミやチョコレート、クッキーなどはすでに販売されていて大人気の商品です。その他にも毎食の食事に数滴垂らして食を楽しむ方法もあります。

プロテインバーなど朝の1本や間食にも最適です。

カプセル

CBDをカプセル状にしたものです。独特な味や香りが苦手な方や手軽に摂取したい方にオススメです。

その他のビタミン系のサプリなどと一緒に摂取しても良いでしょう。

経皮摂取(クリームなど)

こちらは直接体内に摂取するのではなく、皮膚を通して摂取する方法となります。CBDは痛みを和らげる効果や美容効果も期待されているため、こちらの商品も大人気です。特にアスリート向けの商品などは筋肉痛の緩和として期待されています。 

 

CBDの種類

大麻の種類によってカンナビノイドの種類や量が異なります。主に産業用ヘンプとマリファナとに分かれます。

産業用ヘンプにはTHCがほとんど含まれておらず、CBDが主なカンナビノイド成分となります。一方でマリファナと呼ばれる大麻草にはTHCの割合が多く主に嗜好用として用いられています。

また、抽出の仕方によっても含まれる成分や用途が変わってきます。

フルスペクトラム

ヘンプに含まれるカンナビノイド成分やビタミン、ミネラル類を全て含む抽出方法。ヘンプの健康作用を最大限に引き出すにはCBD以外の成分も一緒に摂取する方が望ましいと言われています。そのため、CBDオイルやリキッドなどはフルスペクトラムの製品が最も人気があります。

ブロードスペクトラム

フルスペクトラムからTHCの成分のみを取り除く抽出方法。THCの含有量が低い産業用ヘンプにも0.3%未満のごく少量のTHCが含まれており、完全にTHCを取り除き向精神作用が出ないように加工されています。

CBDアイソレート

フルスペクトラムからCBDのみを抽出し、それ以外の成分を取り除いたものになります。CBDのみを加えたい場合に用いられます。

種類によって様々な特徴がありますが、一般的にはCBDのみを摂取するよりも他の大麻成分と一緒に摂取した方が効果が高いと言われています。

 

まとめ

CBDとは大麻の成分であることは間違いないですが、一般的に薬物とされているものとはイメージが違うことが理解いただけたかと思います。
 
ただし、海外の輸入品の中にはハイになる成分THCが含まれてしまっている可能性もありますので製品選びには注意が必要です。
 
当サービスで紹介している商品はTHCが含まれていないものになりますのでご安心して利用ください。