CBDは更年期にも効果があるのか!?

辛そうな表情の女性
 
頭痛、めまい、不安、イライラ、うつ症状などホルモンバランが崩れることで様々な影響を及ぼす更年期障害。個人差はありますがおよそ50歳前後で閉経を迎え、この閉経の前後10年間(一般的に45~55歳)の更年期の間に起こる不調を更年期障害と言います。
 
年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの働きが崩れることでが主な原因と言われていますが、近年、鎮痛作用や鎮静作用があるCBDが辛い更年期に有効として注目集めています。

更年期障害とは!?

女性は年齢別に4つのライフステージがあります。
 
・思春期
・性成熟期
・更年期
・老年期
 
個人差はあるものの、およそ50歳前後で閉経を迎え、閉経を挟んだ前後10年間(一般的に45~55歳)を更年期と呼びます。
この更年期の間にさまざまなな症状が現れるのですが、日常生活に支障を来たすほど思い症状を「更年期障害」と言います。

更年期障害の主な症状

個人差が激しく、心理的、身体的に全身のあらゆる箇所に現れると言われています。
日本人に多い更年期障害の主な症状としては、
自律神経の乱れから起こる
・動悸や息切れ
・のぼせ
・ほてり、発汗異常
・頭痛
・腰痛
・肩こり
・手足の痺れ
・イライラ
・めまい
・耳鳴り
・不安感
・不眠
・うつ
・疲れやすい
・食欲不振
・ドライマウス
などの症状で悩む女性が多いようです。
 
特に、疲れやすくなったり、肩こりがひどくなったりといった症状は多くの方にみられる症状です。

更年期障害が起こる原因

閉経に伴い、卵巣の働きが衰えすることでエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が急激に減少することが主な原因です。
 
エストロゲン(卵胞ホルモン)は女性らしさを作るホルモンで、乳房や子宮を発達させ女性らしいカラダを作ったり、自律神経のバランスを整える働きをします。
 
このエストロゲンが減少すると脳がもっと女性ホルモンを出すように指令を送るのですが、年齢と共に卵巣の機能が低下しているためホルモンを出すことができずに、脳がパニックを起こして自律神経のバランスが乱れ、カラダやココロに様々な不調が現れるようになります。
 
さらに、子育てに家事や仕事と、非常に忙しい毎日を送るお母さん。家庭や職場でのストレスが加わることで更年期障害の症状が重くなると考えられています。
  
そうならないためにも、普段からできる限りストレスを溜めずに過ごすことが大事ですが、そうは言ってもなかなか難しいのが実情だと思います。
 
そこで鎮静作用があり様々な研究結果が出ているCBDが世界中で注目を集めているのです。

CBDとは

医療大麻という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
アメリカやカナダ、ヨーロッパで使用が認められており医療の現場で様々な症状の緩和で期待されている分野です。
CBDとは大麻(マリファナ)に含まれる主要成分の1つで、「カンナビジオール」の略称のことです。
 
大麻(マリファナ)の中には数100種類のカンナビノイドと言われる活性物質が含まれており、その中でも、今世界中で医療や健康、美容に効果があると注目されているのがCBDというという成分です。
 
イライラを抑えたり、不安、不眠などの精神部分と痛みを和らげる効果があるとして研究が進められており、多くの研究結果が報告されています。
しかし、日本では大麻(マリファナ)と言えば「ハイテンション」になる薬物と言うイメージが強いかと思います。それは数100種類の成分の中の1つでTHC(テトラヒドロカンビノール)と呼ばれる成分が人をハイな状態にするのです。
 
THC(テトラヒドロカンビノール)には「ハイ」「陶酔感」「多幸感」などを感じる精神活性作用があります。
このTHCは日本では「麻薬及び向精神薬取締法」により麻薬に指定されており違法です。
 
一方で、今世界中で注目を集めているCBDにはこのハイになる精神作用は含まれておらず、日本においても一部の規制はあるものの、使用や販売、購入が認められています。
 
▼CBDとは!?どんな効果があるのか。いま世界中で注目されている理由▼

CBDが更年期障害に効果的な理由

我々、人間の体内には生まれながらにして”エンドカンナビノイドシステム”という身体調整機能が備わっています。
このエンドカンナビノイドシステムは、痛み、感情抑制、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、私たちの心身のバランスを保ち健康的に過ごせるための働きをします。
  
エンドカンナビノイドシステム説明
参照元:日本臨床カンナビノイド学会
 
エンドカンナビノイドシステムは肉体的・精神的なストレスを受けた時に体内のバランスを取り戻し、心身を健康な状態に保つ役割があるのですが、外部からの強いストレスや加齢に伴う老化によってこのシステムが上手く働かない状態になっている人も多いと言われています。それを「カンナビノイド欠乏症」と言います。
 
更年期を迎えた方の多くが外部からストレスなどによってカンナビノイド欠乏症になっている可能性があると考えられます。
 
「カンナビノイド欠乏症」は、様々な疾患の原因になることが最近の研究で明らかになってきました。
 
例えば、
・偏頭痛
・うつ症状
・疲労
・発作
・過敏性腸症候群
・線維筋痛症
 
などのような症状が起こると考えられています。
この失ったカンナビノイドを外部から取り入れる必要があるのですが、それがCBDの役割というわけです。
それにより、イライラを抑えたりストレスの緩和、睡眠の質向上、痛み緩和など様々な症状緩和が期待出来るのです。

CBDの商品

最近は日本のネットショップや路面店でも良くみる機会が増えましたがまだまだ、認知度としては低いのが実情です。
CBDの摂取方法はココナッツオイルなどと混ぜて作られたCBDオイルやグミ、電子タバコのようにして吸引するリキッドタイプなどがあります。
 
CBDオイル
CBDオイルを舌の下に5滴ほど垂らして、90秒ほど口の中に含んで飲み込みます。
手軽に取り入れることができ、持続効果も6~8時間と長くオススメの商品です。
 
▼CBDオイルの商品▼
 
CBDグミ
グミ1粒に25mgのCBDと5mgのCBNが含有されており、1~2粒ほど毎日食べて効果的に摂取することができます。
フルーツ味のグミで美味しくいただくことができるので初心者の方でも続けやすいです。
食べすぎると眠くなったりしますので注意が必要です。
 
▼CBDグミの商品▼
 
CBDペンタイプ
CBDペン
こちらは電子タバコのように吸引するタイプです。
充電不要で約200回程度吸引が可能です。
使い捨てになっているのでこれからCBDを試して見たい方にオススメ。
 
▼CBDペンの商品▼

まとめ

更年期障害の症状を軽くしたり、起こりにくくするためにもストレスなく過ごすことが大切です。日頃のリラックスにCBDを取り入れてみてはいかがでしょうか。