CBDとは何のことですか?

CBDとは大麻植物に含まれる有効成分(カンナビノイド)のうちの1つです。
今、世界中で注目される薬理効果を期待されている非精神活性化合物で、簡単にいうとリラックス効果が期待できる成分です。
日本でも合法で使用が認められており、世界では医療大麻や美容としての効果が高いとして注目されています。
大麻植物の中には数百種類の有効成分(カンナビノイド)が含まれており、有名なものですとTHCというものがあります。
一般的に大麻の作用として知られる「ハイな状態」になる薬物的なイメージはこのTHCという成分によるものです。
CBD製品はこのTHCを排除したものです。

CBDは合法ですか?

前述にある、THCは日本では厳しい法律が定められていますが、CBDは日本でも合法で使用することが可能です。
しかし、全てのCBDが認められている訳ではなく、成熟した茎や種子から摂取したCBDのみが利用可能となります。
日本でもたくさんの種類のCBD製品が手に入るようになりましたが、違法な製品もありますので気をつける必要があります。安いからと言って安易に手を出さないほうが無難です。

CBDにはどのような効果がありますか?

CBDは、抗炎症・抗酸化作用・神経保護などに効果があると言われています。
ストレスや鬱、イライラ、不眠、痛みなどの症状を緩和する作用や、美容やアンチエイジングにも効果が高いと言われいます。
不安を沈める効果もあり、夜寝る前に摂取することで質の高い睡眠が期待できます。

CBDとTHCの違いは?

CBDもTHC同様に大麻植物に含まれる成分の一種ですが、THCは「ハイになる」効果をもたらし、日本では厳しく規制されています。
一方、CBDは「ハイになる」効果がなく日本でも合法的に使用が認められている成分です。
 
精神が高揚する成分であるTHCとは対照的に、精神が落ち着きリラックスする効果があるCBD。

CBDはどのようにして使用するのですか?

CBDオイルを舌下に数滴垂らして使用するのが一般的です。他にもリキッドタイプで電子タバコのようにして吸引するタイプやグミやチョコレートとして摂取する方法もあります。
また、美容にも効果があるためボディークリームやリップバームなどの商品も人気です。
初めはCBDオイルを朝晩2回、舌下に数滴垂らして使用するのが使いやすいでしょう。

どれぐらいの頻度、量を摂取したら良いですか?

決まった量はありませんが、目安としてオイルタイプであれば朝晩に2滴ずつ。
慣れてくれば1日に10滴〜20滴ぐらいを目安にご利用ください。
CBDグミであれば一日に2~3個ぐらいが目安となります。
徐々に効果を実感できる量まで増やして行くのが良いです。

CBDに副作用はありますか?

2017年のWHO(世界保健機関)の報告によると、
「CBDは非常に安全で幅広い容量で忍容性が良好である。公衆衛生上の問題も濫用の危険性もない」とされています。
CBDに関する実験で最大1日に1,500mgを長期間摂取しても副作用は起こらなかったというデータもあります。
ただし、強い眠気を起こることがありますので、車などの運転前などには控えましょう。