私たちがCBD製品を開発して多くの女性に届けるきっかになったのは、更年期障害で悩む14歳年上の妻を助けたいという思いからでした。

手を繋ぐ2人

創業者である私の妻は45歳で自分よりも14歳年上でした。
我々には当時2歳になる長女もおり育児に家事に仕事にと共に忙しい日々を過ごしていました。

そんな時に、「最近ずっとイライラする」、「頭痛がひどくて動けない」と妻が更年期障害を発症し、夫婦ケンカが増え、家庭は本当に崩壊寸前でした。

これはどうにかしないといけないと思い、インターネットで「更年期障害」について調べるように成りました。色々調べた結果に辿り着いたのが医療大麻として世界中で注目されていた『CBD』と成分でした。

鎮静作用や鎮痛作用がある事を知り、エンドカンナビノイドシステムの事を深く知るにつれて「もしかしたらこれなら妻が楽になるかもしれない」と感じすぐに取り寄せました。

使い始めてから数日で少しずつではありますが小さな事を気にしない様になってきたり、ちょっとしたことも「まっいいか」と受け流せる様になりました。

その、効果を実感して他にも同様の悩みを抱える人にCBDの可能性を伝えることが自分のミッションだと感じ「CBDCOSME」を創業するに至りました。

そのため、「CBDCOSME」では更年期世代の女性に向けてイライラや不安、痛みなどで悩む方に向けて商品開発を行っております。

私たちのブランドを通して一人でも多くの人が今よりも少しでも良い生活を送れるようになる事を願っています。